BLOG

ブログ

物流業界のIT・AI・IoT化

|

2020.03.12

トラック自動運転 2020年実用化を目指す! -日本経済新聞ページリンク-         昨今、様々な業種でIT・AI・IoT化が取り組まれています。人手不足、働き方改革が課題となっている社会で、IT・AI・IoT化は不可欠な要素となっていきます。中でも物流業界ではドライバー不足、労働時間の短縮が大きな問題となっています。物流業界にとってもIT・AI・IoTといった技術と開発に目を光らせ、いち早く取り入れていかなければいけないでしょう。各社トラックメーカーは、レベル4のトラック自動運転化を目指し日々開発、実証をしています。その他にも、AIロボットによるIT点呼でアルコールチェックのほか、体温・血圧・血糖など測定しドライバーの健康状態を管理できるものもあります。物流倉庫でのIoT化では、「モノのIoT化」が進んでおり、商品の一つ一つにセンサーが取り付けられ、インターネット上でリアルタイムで商品の状態・在庫・発送などすべて管理ができ、人員不足の解消、商品管理の正確さ・効率化、配送作業の効率化が期待されています。今後、進化していくIT・AI・IoTといった技術をどう活用するかが今後の物流業界の課題となるでしょう。

お気軽にお問い合わせ・ご応募ください!

お電話でのお問い合わせ

0120-992-966

【受付時間】9:00-18:00

Webからのお問い合せ